info@jingle-shop.com
 

 

パワーアンプユニット

主にSANYO製のSTKシリーズというパワーICを使ったユニットが多いです。STKシリーズの石は技術資料がネット上で入手可能、部品が少なくて済むのも魅力です。パワートランジスターを使用した機種も若干入荷します。但しあくまでもジャンクパーツ扱いでの販売となりますので接続方法等はサポートしておりません、ある程度知識の有る方向けです(販売前にできるだけ、音が出る等確認してから分解〜販売します)。

SANYOのSTKシリーズについて詳しくお知りになりたい方はgoogle等で検索、もしくはココを参照してください。

60Wモノと30WステレオのICが一緒になったタイプです。保護回路?なんでしょか・・・リレーが3個付いてますヨ。専用電源をセットで購入される事をオススメします。
今までコレは何台かご紹介してまいりましたけど、60Wx2+30Wx2の仕様です。ので最大ぜ〜んぶ足すと、なんと180W出力!全体が放熱板に組み込まれた形になっております。電源電圧も結構必要になるので、専用電源をセットでお出しする事が多いです。
このタイプはちょっと古い70'Sのモノ、出力は30〜60Wと様々ですが、DC-12Vとかの電源回路がアンプとセットになっております。パワーICでは無く、パワートランジスターで動作するタイプ。ICよりはトランジスターが好き!っていう方向け?
YAMAHA製の60'Sモノラルアンプユニット、見たまんまのALL真空管です。真空管を使用したものは今まで一回しか見ませんでしたが、これはもう即売れ!梱包するときも真空管を傷めないように結構気を使って大変でしたヨ!出力は30Wでした。

SANYO製のSTK4026IIというパワーICを2個使用したステレオ(25Wx2)仕様のアンプユニットです。コレは良いですヨ!なんたって電源回路がアンプユニットと一体になっており(手前に整流器が見えます)電源トランス、スイッチ等があればすぐに組めます!もちろん放熱板一体型。ときどきですが在庫アリ。

これがSTK-085というパワーICです。大きさはタバコの箱よりちょっと大きい?でも厚さは無いです。これに部品10〜15個位で60W出せます。ちなみに電源は+ー44V位・・・ってことはセンタータップ付きで88V出力の電源トランスが必要(3A位)、スピーカー出力はトランス・レスです。

   

 

BACK